MENU

物件を見ずに購入する買主はいません!

マンション購入時の心境は「期待と覚悟」ですが、売却時の心境は「不安と覚悟」でしょう。
実際のところ、新築購入時とは違い、希望売却額や相場はあっても実際どの程度の金額で売却の契約が成立するのかは、やってみないとわからない部分があるからです。

 

また、新築物件はモデルハウス見学とパンフレットや担当者との会話等で青田買いすることが多い為、新生活に向けて期待に胸を膨らませながら購入しますが、マンション売却の際には中古物件を販売する事になりますので、室内の汚れや壁紙のはがれ、床の傷み等「自分達の生活してきた証」が全て欠点にしか見えず、お客様にどのように評価されるのか、とても不安に感じる事になるのです。

 

ただし、このお客様の評価というのは何も購入時でなければ、感じられない訳ではなく、例えば賃貸物件の内覧はまさに購入者目線になります。

 

 

賃貸物件の多くは「誰かが今まで住んでいた形跡」を残していますので、借り手側としては、より新しくよりキレイな物件を望みつつも、立地条件や家賃など現実とも向き合いながら住居を選びますよね。
中古マンション購入のお客様心理にも似た部分がありますので、売却にあたって感じる不安は理解できますが、過剰に恐れず

 

内覧会開催時にはしっかり隅々まで清掃をいき届かせる。
匂い(居住者は意外と気付いていない)を飛ばすため、家中の窓を開ける。
内覧に来る人のためにスリッパを用意しておく。
おもてなしの気持ちをちゃんと持つ。
落ち着いて内覧できるように男性はマンション外へ出ておく。
明るさを出すため家中の電気を点灯させておく。

 

といった点を注意して内覧に対応すれば、多少の欠点は目をつぶってもらえるものです。

 

マンションを売ることが決まっていても、それが自宅だった場合、他人にジロジロ見られるのは気持ちの良いものではありませんよね。
それでも接客の姿勢を持つことが、内覧時の購入意欲を高めて売却に繋げるのコツなのです。
ちょっとした事に注意する事によって、マンション購入者から好意を持たれ、スムーズな交渉に繋がって行くのです。

 

誰でもそうですが、嫌な人間が住んでいた物件を買おうとは思いませんよね?
そういう事なのです。
所有マンションを売却する理由が、戸建購入などの前向きの理由ではなく、住宅ローン返済が厳しいなどであっても、内覧時には明るく振舞いましょう。

 

またポジティブな地域の情報提供はとても喜ばれます。
例えば、子供のいる世帯などでは、学校の情報などを提供すると購入意欲が高まります。
マンション内の人間関係や、管理組合の様子などの情報も貴重です。
売却してしまうからといって投げやりなるのではなく、内覧客の生活を考えた情報提供は、結果として高値で売ることにも繋がることを覚えておきましょう。

 

 

中古マンション売却を考えている人は必見です!
物件を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
不動産売却は一生の間に何度もあるものではありません。
きちんと情報収集して損しない金額で売ることが大切です!

マンション売却