MENU

投資用の物件を売る場合、何に注意したら良いのか?

マンションの売却を考えている人の中には、投資物件を売ることを考えている人もいるかと思います。
最近では様々な資産運用が人気を集めており、新築を購入する人の中には、不動産投資を目的として購入する人も増えています。
また景気が上向いてきたこともあって物件の価格が高騰傾向にあるため、所有しているマンションを売却するには良い時期・タイミングとも言えるでしょう。

 

特に賃料収入などを目的として不動産投資をしている場合は、物件の金額は上がっているものの、家賃をあげることは簡単には出来ません。
不動産の価値に見合わない家賃になっていることもあるため、所有しているマンションの価値が上がったなら早めに売ることをおすすめします。
投資物件はあまり高く売却できない場合があるので、まずは査定をしてもらうところから始めましょう。

 

注意点としては、所有している間は収入が自動的に発生するわけなので、今後の経済の流れから考えた場合に今すぐ売ることが必ずしも得策にならないこともあります。
今すぐ売却するか、時間をおいて売るかという時期については、理由を基に考えていくと良いでしょう。
もちろん、損得も十分に考慮することは、重要な注意点です。

 

手元資金が必要になったので不動産を現金化したいという理由で処分を検討している場合は、すぐにでも売却の準備を進めて買い手を探す方が良いでしょう。
反対に今すぐ売る必要が無いというのであれば、運用によって発生する収益を期待するメリットの方が高いと言えるでしょう。

 

収益物件として売る場合は、入居状態によっても金額が変動します。
入居者の属性や時期・タイミングを注意する必要があります。
例えば、大学4年生が入居していて、すでに卒業間近であれば、これは退去する可能性が極めて高いわけです。

 

入居者が出て行ってしまえば、リフォームも必要になってきます。
投資用マンションの場合、殆どがワンルームですので、購入者が住むことは、ほぼありません。
購入する側も利回りを期待して費用を出す以上、すぐに収益が得られるのかどうかは、非常にシビアに判断するのです。
こういった事から、とにかくすぐにでも現金が欲しいという理由がないのであれば、投資マンションや入居者の状況を見極めつつ、高値での処分できる時期をす考慮すべきなのです。

 

物件売却による収益性重視なら

投資用マンションを売ることで収益を得たいと考えているなら、不動産会社の選択は重要です。
当サイトでは不動産一括査定サイトの利用をおすすめしていますが、併せてソニー不動産にも見積もりを依頼してみましょう。

 

理由としては、両手仲介を原則禁止しているので、マンション売却主の利益を第一に考えてくれるからです。
仲介手数料の割引制度もあります。
注意点としては、営業エリアが1都3県と狭い点ですね。

 

とは言え、投資用マンションは首都圏に多いのも事実です。
該当するようなら利用してみてください。
物件の収益向上に役立つと思います。

中古マンション売却を考えている人は必見です!
物件を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
不動産売却は一生の間に何度もあるものではありません。
きちんと情報収集して損しない金額で売ることが大切です!

マンション売却